鉄道模型入門トップへ


■復活組みの方へ
鉄道模型の変遷?


鉄道模型を昔やっていたが(20〜30年位前)また復活したくなったという方へ・・・・

何が変わっているかというと基本は何も変わっていませんでした。価格すらたいした変化はないように思えます。
(最近少しずつ価格が上がってきていますが・・・)
あえて言えば扱いやすさが格段によくなったことでしょうか。ユニット式の線路などはとても進歩しており、お座敷レイアウト派の方には大変なメリットになっていると思います。

車両に関しては精緻を極めており感覚的には日本メーカーは車体造形技術がすばらしく、メルクリンなどの海外メーカーは動力関係がすばらしいです(だけど高い!)。

では何で私が鉄道模型に復活したか?きっかけはカプラーの進歩でした。当時は巨大なアーノルドカプラーとケーディーカプラーしかなく(それしか知らなかった)ケーディーは装着が面倒で当時の私の手には負えずあのアーノルドがディーティルをぶち壊していため、
熱がだんだん冷めていってしまったのです。
最近になって偶然KATOのショールームを見かけて覗いてみたところ、なんか小さいリアルなカプラーがついている車両があるじゃありませんか!「あっ、とうとうカプラーも進化したんだ」と感激して、そのまま鉄模復活となったわけでした。

あ、そうそう当時とえらく違ってしまったことがあります。
昔は、模型店やショールームに行けばカタログにあるような製品はいつでもたいてい購入できたのですが、最近は発売と同時に売り切れなんてことがよくあります。カタログには掲載されているのに再生産されるまでまず手に入らない車両がゴロゴロしています。
それだけ鉄道模型人口が増えたんでしょうが・・・中には沢山かって転売するような輩も多数出現しているようで。
車両購入に関しては発売前より事前にメーカーホームページ等でチェックを怠らないように。
どうしてもほしい車両に関しては予約したほうがいいです。

もうひとつ、安売り量販店が出現していました。2割引以上で販売する店が東京では多く存在します。一部の量販店は地方展開もしているようです。
昔からは考えられませんね。嬉しいですけど。
inserted by FC2 system